好きの質感ノート

ブログの名前が「質感ノート」になりました!
デザインも少しリニューアルしたョ〜

宇野由紀子

ライフテクスチャリスト

プロフィールを見る

宇野由紀子

株式会社テンネット 代表取締役

質感研究室 室長

ライフテクスチャリスト

企画プロダクション勤務を経て、収納用品メーカーに入社。商品開発の責任者をつとめる。2002年に整理・収納用品のWEBショップ「収納の巣」を立ち上げ、2012年に運営会社である株式会社テンネットの代表取締役に就任。暮らしにスムーズをもたらす収納はもとより、自分の“好き”を探求し、自分らしくモノを持つことも収納の役割と考え、研究・企画・創作。2015年に、好きとつながり好きを深める装置としての収納ツールを発表した「ワタシにオサメル展」は好評を得、それらの作品をプロダクト化した収納レーベル「VIVIDEEP」を翌年立ち上げる。また2017年には「質感研究室」を開設。モノ・コトを感じとるセンサーを磨き、好きの質感をたぐりよせることをテーマに、研究会やワークショップ、商品開発も行う。

嵯峨美術大学 デザイン学科 生活プロダクト領域 非常勤講師
ライフオーガナイザー® クローゼットオーガナイザー®

  • 質感おりおり
  • 仕事いろいろ
  • 思いつれづれ
  • 着物あれこれ
  • お知らせや報告

houzz(ハウズ)特集記事の寄稿をスタートしました

houzz_logo
2017.01.05
houzz(ハウズ)というサイトをご存知ですか?
新築はもちろん、リフォームやリノベーションなど、家づくりを考えている人が
住宅のプロフェッショナルと交流できるプラットフォームです。
素敵なビジュアルがいっぱいで見ているだけでワクワク!
そんなサイトの特集記事を月に一度、担当させていただくことになりました。

昨年末に編集部にお送りしていた原稿が、年始早々の1月2日に公開。

2017年の象徴カラー「リーディングレッド」。部屋に「私の赤」をまといましょう

houzz2

テーマは、2017年の“象徴色”であり、おめでたい色でもある「赤」です。

(赤は私の大好物でもあります!)

どんな観点でインテリアに赤を取り入れるのか・・・私なりの視点で

ご提案しています。

:

 

実は寄稿をスタートしたのは昨年の12月。

その初回はこんなテーマで書かせていただきました。

“好き”を持つ。“好き”に持つ。「リアルコラージュ」で今の私を浮き彫りに

 

雑誌などの切り抜きでイメージマップをつくるといった平面のコラージュでなく、

実際のアイテム、自分の持ち物でリアルコラージュすることを

記事の中でおすすめしています。

コラージュ用の置き場所を少し用意し、“大好き”を集め、並べていく。

「何を?」と選んでいく行為は“今”の自分との対話になり、

選び集まったモノたち=コラージュを目にすることが、

自分の嗜好を見つめ直すことになる・・・

続きはぜひ記事で〜(笑)

houzzには、住まいに関する素敵な写真がカテゴリーごとにたくさんアップされていて、

ご自身のアカウントを作ると、お気に入りの画像を保存して

「アイデアブック」を作成することができます。

好きのコラージュではありませんが、ぼんやりしていた自分の好みのイメージが

目に見えるかたちで積み上がっていく。

人にも伝えやすくなっていいかも知れないですね。

 

私が書いている特集記事も、いろんなジャンルのプロが公開している写真から

執筆するテーマに合わせて画像を選ぶところから始まります。

テーマにしっくり合い、皆さんに参考になり、かつ私らしさが出る写真を

セレクトするのはなかなかむずかしいけれど、とても新鮮な作業でもあります。

さて2月は何をテーマに書こうかな。

そろそろおしりに火がついてきました。