好きの質感ノート

ブログの名前が「質感ノート」になりました!
デザインも少しリニューアルしたョ〜

宇野由紀子

ライフテクスチャリスト

プロフィールを見る

宇野由紀子

株式会社テンネット 代表取締役

質感研究室 室長

ライフテクスチャリスト

企画プロダクション勤務を経て、収納用品メーカーに入社。商品開発の責任者をつとめる。2002年に整理・収納用品のWEBショップ「収納の巣」を立ち上げ、2012年に運営会社である株式会社テンネットの代表取締役に就任。暮らしにスムーズをもたらす収納はもとより、自分の“好き”を探求し、自分らしくモノを持つことも収納の役割と考え、研究・企画・創作。2015年に、好きとつながり好きを深める装置としての収納ツールを発表した「ワタシにオサメル展」は好評を得、それらの作品をプロダクト化した収納レーベル「VIVIDEEP」を翌年立ち上げる。また2017年には「質感研究室」を開設。モノ・コトを感じとるセンサーを磨き、好きの質感をたぐりよせることをテーマに、研究会やワークショップ、商品開発も行う。

嵯峨美術大学 デザイン学科 生活プロダクト領域 非常勤講師
ライフオーガナイザー® クローゼットオーガナイザー®

  • 質感おりおり
  • 仕事いろいろ
  • 思いつれづれ
  • 着物あれこれ
  • お知らせや報告

「すまい塾公開講座」無事終了いたしました。

2017.0205

積水ハウス綜合住宅研究所 納得工房にて1月28日(土)に開催された「すまい塾公開講座」。

90名ほどのお客様をお迎えし、「あなたをhappyにするクローゼットのある暮らし」という

タイトルでお話しをさせていただきました。

積水すまい塾-1

2015年の秋から、積水ハウス総合住宅研究所 納得工房さんとスタートしたのが

ホームページのコンテンツのコラボレーション。

そして、1年後の昨年秋には納得工房内のクローゼットのアレンジを担当させていただき、

あなたをHappyにするクローゼット展」として常設の展示に。

その展示の解説書的な役割でもあるリーフレット「ていくブック」も一緒に

企画をさせていただき、それも教科書がわりにして

今回の講演はそれらの総集編のような思いでお話しをしました。

収まる・整うだけが目的ではなく、

暮らしの喜びを手に入れ、さらには自分を見つめる手立てにすらなる、

そんな「収納」の役割について実体験を織り込んで1時間半ほどの講演でした。

 

すまい塾5

↑ この演台のお花、積水ハウスのご担当者様でずっとお世話になっている

Y課長が、私のホームページの写真をお花屋さんに見せてくださって

そのイメージでとご依頼してくださったそうなのです。感激しちゃいました。

 

嬉しいご感想もたくさんいただきました。

「クローゼットは自分の好きにしても良いと、目からうろこでした。一度向き合ってみたいと思います。」

「私の片づけがなぜモヤモヤなのかわかりました。好きを増やすように心がけて片づけしてみます。」

「クローゼットに関する考え方がずいぶん変わりました。もっと気楽に楽しいスペースにしてみていきたいと思いました。」

「苦手入木のあった収納についてワクワクHappyが出来るような気がした。」

等々・・・。

振り返って、もう少しこうすれば、ああすれば、はもちろんありますが

ご参加者さまの“視点”の変化をご感想から感じることができ、まずはホッとしています。

たくさんの方にお世話になって無事終えることのできた公開講座。

関係者の皆さま、ご参加くださった皆さまに心よりの感謝を。

 

講座の後のオプショナルツアーのことはまた後日レポートいたしますね。