好きの質感ノート

ブログの名前が「質感ノート」になりました!
デザインも少しリニューアルしたョ〜

宇野由紀子

ライフテクスチャリスト

プロフィールを見る

宇野由紀子

株式会社テンネット 代表取締役

質感研究室 室長

ライフテクスチャリスト

企画プロダクション勤務を経て、収納用品メーカーに入社。商品開発の責任者をつとめる。2002年に整理・収納用品のWEBショップ「収納の巣」を立ち上げ、2012年に運営会社である株式会社テンネットの代表取締役に就任。暮らしにスムーズをもたらす収納はもとより、自分の“好き”を探求し、自分らしくモノを持つことも収納の役割と考え、研究・企画・創作。2015年に、好きとつながり好きを深める装置としての収納ツールを発表した「ワタシにオサメル展」は好評を得、それらの作品をプロダクト化した収納レーベル「VIVIDEEP」を翌年立ち上げる。また2017年には「質感研究室」を開設。モノ・コトを感じとるセンサーを磨き、好きの質感をたぐりよせることをテーマに、研究会やワークショップ、商品開発も行う。

嵯峨美術大学 デザイン学科 生活プロダクト領域 非常勤講師
ライフオーガナイザー® クローゼットオーガナイザー®

  • 質感おりおり
  • 仕事いろいろ
  • 思いつれづれ
  • 着物あれこれ
  • お知らせや報告

8月26日(土)◆「佇まいの質感」ジャイロキネシスワークショップ◆ by 質感研究室 × Keisuke Mihara 開催します

質感研究室では、ドイツ在住のダンサー 三原慶祐さんとのコラボレーション企画 「 佇まいの質感 」ジャイロキネシスワークショップ を8月26日に開催します。

凛とした
穏やかな
清々しい
力強い
いきいきとした

内面が溢れでる姿勢
心を映す表情
気持ちの現れる仕草

身体の在り様(ありよう)から感じられる“質感”にフォーカスをあて、一人ひとりにとって心地よい「 佇まいの質感 」を見つけたいと思います。
”すっと背筋を伸ばすとはどいうことなのか”、”表情豊かな顔、身体とはなんなのか”、”美しいと感じるのはどのような佇まいなのか”・・・ジャイロキネシスというアメリカで生まれたエクササイズのメソッドを用い、三原慶祐さんに導いていただきます。

○8月26日(土)10:30〜12:00
○参加費 2500円
○定員 12名程度
○会場 テンネットROOM10 http://10net.jp/
○用意いただくもの ヨガマットか大きめのバスタオル
汗をかいてもいい動きやすい服装

◎ジャイロキネシスとは・・・
ジャイロキネシスは、ダンサーであったジュリオ・ホバス氏により、ヨガ、ピラティス、太極拳といった様々なメソッドから影響を受け、アメリカで考案されました。椅子に座って行うエクササイズと床で行うエクサイズによって構成されるジャイロキネシスは、運動に自信のない方からスポーツ選手やダンサーまで、幅広く受け入れられています

メソッドの特徴、目的
シードセンター(丹田)からの呼吸を意識して、前後、左右、螺旋、円を描くエクササイズを椅子の上及び床で行います。呼吸とともに体を内側から活性化させることで、穏やかな心、しなやかな身体、美しい姿勢を得ます。

◎Keisuke Mihara 三原 慶祐 さん プロフィール


ドイツ エッセン市在住のフリーダンサー/ジャイロキネシス公認トレーナー
エッセン市に拠点を置くダンスカンパニー、Folkwang Tanz Studioに専属ダンサーとして6年在籍。 2013年よりドイツを拠点にフリーランスダンサー、デザイナーとして活動する中、ピナバウシュ ヴッパータール舞踏団、スザンナリンケカンパニー、ピーターセラーズなどの作品に客演。現在は、市立劇場の客演、難民と地域住民との交流ダンスプロジェクトを主に活動中。2017年6月、ルクセンブルク国立劇場リサーチプログラムを経て、Hannah Maとの共同制作ソロ作品「SWAN (L/F/C) AKE」を発表。フリーランス転向時、場所を選ばず自分で出来るボディコンディショニングとしてジャイロキネシスに興味を持ち、その後トレーナープログラムを受ける。研修生時よりドイツのダンスカンパニー、芸術大学の学生に指導中。2017年6月よりジャイロキネシス公認トレーナー。