好きの質感ノート

ブログの名前が「質感ノート」になりました!
デザインも少しリニューアルしたョ〜

宇野由紀子

ライフテクスチャリスト

プロフィールを見る

宇野由紀子

株式会社テンネット 代表取締役

質感研究室 室長

ライフテクスチャリスト

企画プロダクション勤務を経て、収納用品メーカーに入社。商品開発の責任者をつとめる。2002年に整理・収納用品のWEBショップ「収納の巣」を立ち上げ、2012年に運営会社である株式会社テンネットの代表取締役に就任。暮らしにスムーズをもたらす収納はもとより、自分の“好き”を探求し、自分らしくモノを持つことも収納の役割と考え、研究・企画・創作。2015年に、好きとつながり好きを深める装置としての収納ツールを発表した「ワタシにオサメル展」は好評を得、それらの作品をプロダクト化した収納レーベル「VIVIDEEP」を翌年立ち上げる。また2017年には「質感研究室」を開設。モノ・コトを感じとるセンサーを磨き、好きの質感をたぐりよせることをテーマに、研究会やワークショップ、商品開発も行う。

嵯峨美術大学 デザイン学科 生活プロダクト領域 非常勤講師
ライフオーガナイザー® クローゼットオーガナイザー®

  • 質感おりおり
  • 仕事いろいろ
  • 思いつれづれ
  • 着物あれこれ
  • お知らせや報告

《 収納用品を企画・販売する会社が「質感研究室 LIFE TEXTURE LABO」を立ち上げたワケ 》というテーマでお話の機会をいただきました

先日、クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町主催の“クリエイティブサロン”でスピーカーの機会をいただきました。テーマは《 収納用品を企画・販売する会社が「質感研究室 LIFE TEXTURE LABO」を立ち上げたワケ 》。大学を卒業してから務めた会社のことに始まって、縁あってかかわることになった「収納」というテーマと自分をどう掛け算してきたか・・その先になぜ「質感研究室」があり何をしていきたいか・・などなどのお話を。
興味持ってもらえるかなあとドキドキでいどみましたが、定員を超えるたくさんの方にお越しいただき、多くの方から嬉しいご感想をお聞きすることができてホッ。自分のこれまでを振り返ることで、“今”に更にピントを合わせることができたような、貴重が機会をいただいた気がしています。
トークの内容を同センターのWEBサイトにアップしていただきましたので、よかったらご覧になってくださいね。http://www.mebic.com/report/6330.html

お声かけくださったメビックの堂野所長、お世話になったスタッフの皆さま、お時間つくってご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました!そして混沌とした内容をすっきり楽しいレポートにまとめてくださったクイールの松本幸さんにもこの場をおかりして感謝を申し上げます。