収納の巣

京都デザインハウス様で桐の重ね箱「クーシュ 八寸」のお取り扱いがスタートしています

好きとつながる収納レーベル VIVIDEEPから、桐の重ね箱「COUCHE-クーシュ- 八寸」を京都デザインハウス様で採用いただき、12月のはじめからお取り扱いが始まりました。


伝統ある日本のものづくりとモダンデザインをセレクトされている同ショップのコンセプトは“美しい日々を贈る”。店内には、自分自身に、大切な人に、プレゼントしたくなる素敵なアイテムが並びます。

11日からは、お店の正面で展開をしてくださっているとお聞きし、いそいそと訪問。写真を撮らせていただきました。

お店の中から外に向かってパチリ。


クーシュの特徴は箱の中底に布や紙などを敷いて好みの演出ができること。今回はお正月を意識した展開ということだったので、あらかじめ赤い和紙をそれぞれの段にセットしました。
二ノ段、三ノ段には無地の赤を、一ノ段には金彩をあしらった和紙を。

こちらは我が社ショールームでの写真ですが、一ノ段の和紙には細長い雲のようにふわっと金の模様が繰り返し入っていて寿ぎのしつらえにぴったり。創業100年を越える和紙問屋カドカワさんに相談に伺って決めたもので、産地は越前なのだそうです。

産地と言えば、肝心のクーシュはどこで?ですよね。クーシュは広島は府中の桐ダンスの専門メーカーさんにお願いをして丁寧に作っていただいています。


百貨店でのPOPUP以外で店頭に並ぶのはお初のクーシュ。お近くに行かれるチャンスがありましたらぜひご覧になってくださいね。


京都デザインハウス
京都市中京区福長町105 俄ビル1F(富小路通三条上る)
http://www.kyoto-dh.com/info/

桐の重ね箱「COUCHE-クーシュ-」は、impress & organize 店主でライフテクスチャリストの宇野由紀子がデザインし2015年に「ワタシにオサメル展」で発表した“好きとつながる収納tools”の一つです。今までの一尺(4段組 W35xD35xH35)に加えこの秋新サイズ八寸をリリース。京都デザインハウス様では八寸(3段組 W30xD30xH23)をお取り扱いいただいています。以下のページでご案内しているのは一尺の仕様になります。クーシュについてのお問い合わせはこちらまで info@10net.jp までお願いいたします。
 
http://10net.jp/vivideep/couche/