TOP ブログ一覧◆着物をラクに楽しむための自己満足収納アイデア

◆着物をラクに楽しむための自己満足収納アイデア

Hama_f3

こんにちは。収納の巣の店長 ハマグーです。

今年のお正月はこの冬一番の冷え込みだったでしょうか。(ノ_-。)

せっかく着物を着ようと企んでいたのに、寒すぎてあっさりあきらめて

しまいました。

しかし、リベンジとでもいいましょうか、着物好きの友人とこの週末、

奈良でのランチとちょっとしたコンサートを“着物”で楽しもう!と

思っています。

着物はシンプルな無地の収納の巣オリジナルのたとう紙(文庫紙)

収納しています。(収納の巣の回し者ですから、もちろんです:笑)

Img_2018450

着物は幅広の着物用に、長襦袢はコンパクトな帯用に。

1つ工夫はたとう紙(文庫紙)の窓の近くにマスキングテープで袖の長さの

メモ書きをしていること。(“襦袢”と漢字で書けなかった…)

Img_2008450

こうしておけば、着物と襦袢の組み合わせがスムーズ。

そして、着ようと思った着物と襦袢を専用ハンガーに掛けてのシワ延ばし。

左:組立て式着物ハンガー

右:省スペース着物ハンガー

Img_2012450

しかし、この期におよんで本当にこの着物を着るかまだ迷い中…[E:coldsweats01]

着物の楽しいことの1つにコーディネートがありますが、不慣れな私は

帯揚げや帯締めなどあれやこれやといっぱい出して、えらいことに。

で、前から帯締めの簡単な束ね方はないものかと思い巡らせていたところこ、

家にあったケーブルを束ねるスパイラルチューブを短く切ってやってみました。

Img_2014450

機能性重視の私にはヒット!

しっかり束ねられるので、扱いにくかった帯締めがピッ!とまっすぐに。

これならまとめて収納してもごちゃとごちゃになりません。

ただ、チューブをカットした角が直角で帯締めを痛めそうだったので、丸くカット。

もう少し細めのチューブでも試してみたくなりました。

よりラクに好きなことを楽しむために収納を工夫する。

収めて活かす“収+活(しゅうかつ)”が実行できた大自己満足な

着道楽スタートです♪