質感研究所

自分の“好き”が分かることって、とても幸せです。
好きが分かると、好きを選びとることができ、好きとつながり、
関係を深めることができるようになるからです。

モノゴトをなぜ「好き」と感じるのか。
その理由に「質感」が大きくかかわっている!
と考えたのが、ライフテクスチャリストの 宇野由紀子です

質感は質とはことなります。
「質=クオリティ」は高い・低いというようなランク評価の対象になりがちですが
「質感=テクスチャー」にランクはなく、受ける人のセンサーがどう感知するか
だと思うのです。

手にとることのできる質感、目・耳・鼻・舌がとらえるテクスチャー、
言葉にはしにくい空気感や時間の表情、そして心の手触りもにもセンサーを向けて
質感研究室 like texture labo
では研究会と名づけたワークショップを開きます。
あなたもぜひ、好きを手繰り寄せる研究員になってください。

ライフテクスチャリスト
株式会社テンネット 代表
impress & organize 店主
宇野由紀子

こちらのページで研究会のお知らせやレポートをしてまいります。
第1回 質感研究会は2017年5月頃の開催を予定しています。