好きの質感ノート

ブログの名前が「質感ノート」になりました!
デザインも少しリニューアルしたョ〜

宇野由紀子

ライフテクスチャリスト

プロフィールを見る

宇野由紀子

株式会社テンネット 代表取締役

質感研究室 室長

ライフテクスチャリスト

企画プロダクション勤務を経て、収納用品メーカーに入社。商品開発の責任者をつとめる。2002年に整理・収納用品のWEBショップ「収納の巣」を立ち上げ、2012年に運営会社である株式会社テンネットの代表取締役に就任。暮らしにスムーズをもたらす収納はもとより、自分の“好き”を探求し、自分らしくモノを持つことも収納の役割と考え、研究・企画・創作。2015年に、好きとつながり好きを深める装置としての収納ツールを発表した「ワタシにオサメル展」は好評を得、それらの作品をプロダクト化した収納レーベル「VIVIDEEP」を翌年立ち上げる。また2017年には「質感研究室」を開設。モノ・コトを感じとるセンサーを磨き、好きの質感をたぐりよせることをテーマに、研究会やワークショップ、商品開発も行う。

嵯峨美術大学 デザイン学科 生活プロダクト領域 非常勤講師
ライフオーガナイザー® クローゼットオーガナイザー®

  • 質感おりおり
  • 仕事いろいろ
  • 思いつれづれ
  • 着物あれこれ
  • お知らせや報告

質感研究室、始動しますよ!

こんにちは。impress & organize 店主 宇野由紀子です。

今日はこのお店に併設することにいたしました「質感研究室」のこと

ご紹介させてください。

 

かたいお話からのスタートでゴメンナサイ。

わたしは、収納ツールの企画開発・販売、収納ノウハウの構築を専門として

長きに渡り「ココロとモノの幸せな関係づくり」を追求するかたわら、

2015年のはじめに「ライフテクスチャリスト」なる肩書きを自らつくり、

自身に課し、“ライフテクスチャリング”(これも造語ですが)を

テーマにしてきました。

 

ライフ・・・暮らしであり、生きることであり、人生。

テクスチャー・・・質感。

 

暮らしの質感、生きる質感と向き合い、

心地よく、自分らしくいられる

モノ・コト・トキ・ヒトとの関係を見つけていく。

五感でキャッチする質感はもちろんですが、言葉にはしにくい空気感や

時間の表情、心の手触りこそ、感じ受けとめたい“質感”。

ひいては自分自身の質感をも見出していく。

分かるような分からないような、ですよね。

 

 

が、続けます。ご辛抱ください(笑)

 

同じ年2015年の秋には、

収納を「好きを研ぎ澄まし、今の自分を浮き彫りにし、モノとの関係性を

ワタシにオサメルための“装置”」ととらえ、

宇野由紀子 Life Texturist’s 収納 Works『ワタシにオサメル 展』を開催。

ライフテクスチャリストとしてのはじめて外向きの活動として、

作品や考えを発表しました。

 

過去を掘り返し、今と混ぜ合わせ、選び、手放し、自分の“好き”と格闘した

この展覧会での経験、そして日々の質感探求の中で重ねてきたのは、

モノ・コト・トキ・ヒトを好き、と感じる理由に“質感”が大きくかかわっている!

そんな思いです。

 

論理的に説明可能な“好き”はさておき、

感覚的にグッとくる、本能的にキュンとなる、

どうしようもなく惹かれる、

そんな好きには、“好きの質感”がたっぷりと潜んでいる、との思いです。

 

だから

好きをたぐる 質感研究室 LIKE TEXTURE LABO」

立ち上げます。

 

質感研究室の室長はライフテクチャリストの私、宇野由紀子がつとめます。

そして impress & organize のスタッフ全員が研究員です。

「好きをたぐる」は「好きを手繰る」です。

好きの質感と出会い、手繰り寄せたいという気持ちを込めています。

 

impress & organize は

「好きを持つ。好きに持つ。」ことがコンセプトでもあるお店ですから、

商品を新たに企画・セレクトしたり、

それをどう皆さんにどうお伝えするかを考えたり、

といった日常の業務の中でも質感の観点を忘れません。

(先日スタッフ三嶋がアップしている、香りのアイテム

ミトスシリーズのご紹介記事のタイトルにも“質感”!)

 

そんな私たちが立ち上げた質感研究室。

皆さんにも研究員としてご参加いただける

「質感研究会」を企画、実施します。

 

実は去る4月15日、質感研究会Vol.0(ゼロ)を行いました。

テーマは「ピンクの質感」です。

 

トライアルの回として4名の方に研究員となっていただきました。

内容は、むふふのふ・・・

また改めてお伝えしますが、今日は写真で少しだけ。

 

 

 

そして5月20日にはいよいよVol.1を開催します。

テーマはVol.0と同じ、「ピンクの質感」研究会です。

 

詳細はまたこちらでご案内しますので

楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

 

まだ準備中ではありますが、質感研究室のページ

いろいろと情報発信をしていく予定です。

「??」が「へ~」となり「ほ~」となることをめざして

歩みを進めていきたいと思います。