好きの質感ノート

ブログの名前が「質感ノート」になりました!
デザインも少しリニューアルしたョ〜

宇野由紀子

ライフテクスチャリスト

プロフィールを見る

宇野由紀子

株式会社テンネット 代表取締役

質感研究室 室長

ライフテクスチャリスト

企画プロダクション勤務を経て、収納用品メーカーに入社。商品開発の責任者をつとめる。2002年に整理・収納用品のWEBショップ「収納の巣」を立ち上げ、2012年に運営会社である株式会社テンネットの代表取締役に就任。暮らしにスムーズをもたらす収納はもとより、自分の“好き”を探求し、自分らしくモノを持つことも収納の役割と考え、研究・企画・創作。2015年に、好きとつながり好きを深める装置としての収納ツールを発表した「ワタシにオサメル展」は好評を得、それらの作品をプロダクト化した収納レーベル「VIVIDEEP」を翌年立ち上げる。また2017年には「質感研究室」を開設。モノ・コトを感じとるセンサーを磨き、好きの質感をたぐりよせることをテーマに、研究会やワークショップ、商品開発も行う。

嵯峨美術大学 デザイン学科 生活プロダクト領域 非常勤講師
ライフオーガナイザー® クローゼットオーガナイザー®

  • 質感おりおり
  • 仕事いろいろ
  • 思いつれづれ
  • 着物あれこれ
  • お知らせや報告

中島麦さんとのコラボユニットで「たった一つの宝物展」に参加しています

美術家 中島麦さんとのコラボレーションは去年の梅田蔦屋書店さん以来1年ぶり。今回はユニット名“宇x麦(うむぎ)”で、a&wナイトギャラリー主催「たった一つの宝物展」に参加しています。

小さなおうちの形をした麦さんの絵と、わたしの作ったテキスタイルパーツを桐の重ね箱「COUCHE-クーシュ-」の中に配した作品で、タイトルは『窓』。COUCHE一尺を使ったものを3点、八寸を使ったものを2点つくりました。

バタバタの搬入が無事終了、麦さん撮影中の図。

 

 

宇野個人でも「silhouette-シルエット-」に、ニットパーツや糸でアレンジを加えた作品を「アンティーク額写し立て掛けクローゼット」という知る人ぞ知る昔の名前で(笑)出ています。

他にも木工、彫金、ステンドグラス、テキスタイル、漆、などなど多くの作家さんが参加されています。20日にはパーティもありますので、お近くの方はぜひのお越しを♡

[Only one treasure たった一つの宝物展]
会場 a&wナイトギャラリー
大阪市西区京町掘1-15-7大阪板倉ビル1F
TEL 06-6449-5811
期間 2017年12月12日〜21日 17日休廊
開廊 17時〜23時

・・・あ、そうそう宇野ビビディープがわたくしです。今回は作家としての参加ゆえ芸名にて。